インプラントの治療手順

インプラント治療は手術を行ったり、治療後にもメンテナンスが必要になったりしますから、ある程度の治療期間が必要になってきます。
そこで、インプラントの治療手順としては、カウンセリングと審査、治療計画の作成と説明、虫歯や歯周病のケア、インプラントの埋入手術、治癒期間、メンテナンスという流れになっています。

まず、カウンセリングと審査については、患者さんの状態をよく調べた上で、実際に治療を行うことができるのかどうかを判断します。

治療ができると判断されれば、治療計画を作ることになります。

快適な暮らしを実現するためのYahoo!ニュースに関する情報が幅広く集まります。

治療計画の作成と説明については、必ず詳細にどのように治療を行っていくかということについて、歯科医師から説明を受けることになります。

この説明に対して自分が理解し、納得した上で治療に臨むことになります。

虫歯や歯周病のケアについては、これらの歯の病気がある場合は、治療を受けることが難しい場合がありますから、事前に虫歯や歯周病の治療を優先して行うことになります。

立川の歯科の情報を公開しているサイトです。

ただし、これらの歯の病気がない人は、虫歯や歯周病の治療をすることなく、治療に移行していくことになります。

インプラントの埋入手術については、歯の根に相当する部分を手術をして、あごの骨に埋めていきます。



イメージとしては痛そうなイメージですが、麻酔をして行うので、痛みを心配する必要はありません。

治癒期間については、埋め込んだインプラントと骨が結合するまでの安静期間ということになります。

期間としては、3か月から6か月ほど待つことが多いです。



Copyright (C) 2015 インプラントの治療手順 All Rights Reserved.